スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
ユーロは軟調、ユーロドルは1.3217ドルまで下落
ユーロは軟調、ユーロドルは1.3217ドルまで下落

12/09 18:52

 ユーロは軟調。ロンドン勢の本格参入を受けて売りが強まっており、ユーロドルは1.3214ドル、ユーロ円は110.95円、ユーロポンドは0.8377ポンドまで下落している。
 18時51分現在、ユーロドルは1.3215ドル、ユーロ円は110.93円、ユーロポンドは0.8381ポンドで推移。


FX 外国為替投資倶楽部
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京インターバンク
東京インターバンク市場取引(6日) 12/06 18:01 □東京インターバンク市場取引(6日) ドル/円 寄付 82.78−80 高値 82.99 安値 82.67 終値 82.77−78 中心 82.88 ユーロ/ドル 寄付 1.3413−15 高値 1.3423 安値 1.3331 終値 1.3364−65 移。
FX 為替情報局
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市場オーダー状況UPDATE
市場オーダー状況UPDATE=8:50現在     ■ドル円 単位1本=百万ドル OP=オプション 82.00円 本邦輸出厚い売り 80.81円 1:10現在(高値80.99円-安値80.48円) 80.20円 買い 80.20円 割れSTOP売り 80.00円 OPドルPUT期日2日(200本売り) ■ユーロドル 1.4038ドル 1:10現在(高値1.4052ドル-安値1.3883ドル) 1.3880ドル ストップ売り 1.3750ドル 買い
ポイントオークション/ペーニーオークション/1円オークション/安オク /ネットオークション/ポイントオークション相互リンク/1円オークション/ポイントオークション/安オク/ネットオークション/ペニーオークション/人気オークション/1円オークション相互リンク/安オク/ペーニーオークション/1円オークション/ネットオークション/ポイントオークション/フードショップ相互リンク/ネットオークション/ペニーオークション/1円オークション/ポイントオークション/安オク/ネットオークション相互リンク/ペニーオークション/ペニオク/ネットオークション/1円オークション/ポイントオークション/安オク/ペニーオークション相互リンク携帯無料ホームページ
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
為替 ドル円 動向 10/16
 為替市場は完全に来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で想定されているQE2(追加金融緩和)を織り込んだ形で、ドル安、金価格上昇、米長期金利低下傾向が続きそうだ。この状況下、現在明白な事象としてドル安、株価はリフレ圧力から上昇、グローバルな金利低下傾向となっている。欧州中央銀行(ECB)理事のウェーバー独連銀総裁は出口政策を示唆するような発言をしているが、オーストリア中銀のノボトニー総裁からはECBの債券買い取りはまだ安全策として維持すべきとの発言もあり、ECBの大勢はまだ債券買い取り中止の方向ではないことは確かである。一方、FOMC議事録によると、9月のFOMCではインフレターゲティング政策・物価水準・名目国内総生産(GDP)などを目標とすることが検討されたようで、より追加緩和政策の期待を市場に抱かせたと思われる。 来週はG20サミットを前に口先「断固介入」のみか  来週は重要な経済指標はなく、週初の18日に8月対米証券投資、9月鉱工業生産、19日に9月住宅着工件数などが発表される程度である。最大の注目材料は22−23日に韓国で開催されるG20財務相・中銀総裁会議であり、G7で介入は肩身の狭い立場であったが、G20では中国、韓国などが自国通貨安政策を明確に打ち出してある。議長国の韓国の対応に注目である。菅首相はやや自業自得的な発言で韓国・中国を名指しで介入批判をしたツケは大きく、自国通貨を大幅に安くしない限り、要はスムージングオペレーションであれば、欧米からの批判を回避できるかはどうか波乱含みである。  テクニカル的にも市場のムードは徐々に上値が切り下がって来ており、円高の先高感は依然強くドル円の戻り売りスタンスが続くだろう。中期支持線が88円→81.66円ですでにこの支持線を割れて、一時的に81円を割れて80.88円まで付けた。これが直近の上値の抵抗ポイントとなる。上値は依然重く、直近では21日短期抵抗線は82.38円近辺で上値を抑制している。当局の介入がない場合は15年振りに79.75円を付けてさらなる新値を試す展開か。
1円オークション/ネットオークション/ペニーオークション/ペニーオークション/ポイントオークション/ポイントオークション相互リンク/安オク/ヴィンテージ/博多もつ鍋/携帯アフィリエイト/携帯無料ホームページ
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LDN午前=小幅にドル売り・円売りが優勢に
 ロンドン午前の為替市場は小幅に円売り・ドル売りが優勢。底堅く推移する欧州株式相場などを背景に、ドル円・クロス円も上値をうかがう動きとなったが、NY時間に米雇用統計を控えていることもあって、比較的狭いレンジ内の動きにとどまった。  ユーロドルはじりじりと上値を試して一時1.2855ドルまで本日高値を更新。ユーロ円も108.62円まで上値を伸ばした。しかし、材料難のなかで今週の後半にかけて上値の重さが度々意識された1.2850ドル付近は突破できず。結果的には1日に示現した今週高値の1.2856ドルを前に上値を確認した格好となり、その後は1.2840ドル台まで押し戻された。同様にユーロ円も108.30円台まで小緩む動きに。ドル円も84.53円まで本日高値を更新したが、依然本日のレンジは40p弱と狭い範囲内での動きにとどまった。  NY時間はやはり米雇用統計に注目。非農業部門雇用者数は市場予想で -10.5万人と軟調な展開が見込まれている。先行指標でもあるADP統計が弱い結果であったことを考慮すれば、現状は弱めの結果は織り込まれている公算が高いだろう。そのため、弱い結果となっても、ドル円が年初来安値(83.58円)を更新する可能性は限定的か。今週に入って以降も底堅さが度々確認された84円割れ程度にとどまった場合、改めて下値確認との認識から買い戻し基調へと向かう可能性もありそうだ。  20時59分現在、ドル円は84.37円、ユーロドルは1.2840ドル、ユーロ円は108.33円で推移。
携帯アフィリエイト/競馬予想
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LDNFIX=ユーロ買い先行、ECB景気見通し上方修正も意識
 LDNFIXにかけてはユーロ買いが先行。欧州中央銀行(ECB)理事会後に行われたトリシェ総裁の会見においては「最新のデータは予想より強かった」との内容を示しながらも、「景気見通しには下向きリスク」、「景気回復は緩やかなペースが鮮明」とやや方向性に欠ける内容となった。しかしながらECBが発表したユーロ圏見通しにおいて、ドイツがけん引役とし回復傾向が強まっているとし、2010年・2011年ともに前回(6月)から上方修正したことがユーロの下支えとなった部分もあったようで、発表後はユーロ買いが強まった。  ユーロドルはNY勢参入後はいったん戻り売りに押されるかたちとなっていたが、ユーロ圏見通しの上方修正などが発表されると反発。「マクロ系の買いがみられた」(NY外銀筋)こともあって、一時1.2848ドルまで上昇した。ユーロ円も108.31円まで買われ、本日高値を更新した。堅調に推移していたユーロポンドも、0.8347ポンドまでユーロ買い・ポンド売りが進んだ。ただ買いが一巡すると押し戻され、ユーロの上値も限定的だった。  一方、ポンドは軟調。ロンドン勢参入後に発表となった弱い英建設業PMIの結果もあって上値の重い展開に。前出したユーロポンドの動きも重しとなり、ポンドドルは1.5351ドルまで本日安値を更新した。またポンド円も129円後半までの戻りにとどまった。  そのほか、ドル/加ドルは強い米新規失業保険申請件数の結果を受けて、直後はドル売り・加ドル買いで反応し1.0473加ドルまで下落したものの、その後は反転し1.05加ドル半ばまで戻した。前日比マイナス圏で推移する原油先物の動きも加ドルの重しとなったようだ。  ドル円については狭いレンジでの取引が継続。強い米指標の結果もあり、84円半ばまで戻したものの後が続かなかった。  0時現在、ドル円は84.32円、ユーロドルは1.2822ドル、ユーロ円は108.15円で推移。
スプリンターズステークス 2010/スプリンターズ・S 2010/スプリンターズステークス 2010 スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
投資戦略
米国〜追加の金融(量的)緩和とブッシュ減税の延長
 FRB(米連邦準備理事会)のバーナンキ議長は、8月10日のFOMC(連邦公開市場委員会)の声明で、米景気の先行きを「異例なほど不確か」とした。こうした表現を使うことによって、米国市場では長期金利が大幅に低下(10年債利回りで2.6%、2年債で0.48%)、円相場に対してはドル安に向かう大きな支援材料となった。これは、景気テコ入れ策の一環として輸出倍増計画を掲げているオバマ政権にとっては、望ましい動きでもある。一方10日の FOMCでは、保有する住宅ローン担保証券(MBS)の償還資金の再投資を発表した。しかし、これだけでは景気刺激効果はあまり期待できない。
 となれば、次回(9月20、21日)のFOMCで(1)超低金利政策の長期化を声明で強
 く確約する、(2)米国債を中心とする資産購入の再開(1兆ドル規模)、(3)銀行超過準備預金(約1兆ドルの残高)金利の引き下げ(0.25%を0%に)―などが考えられる。ただ、こうした政策はドル安を誘導するにはいいが、病み上がりの米国経済の足腰をシッカリしたものにするには力不足だ。そこで浮上してきたのが、前ブッシュ政権が2010年末を期限(01年と03年に実施)にした大型減税(所得税、株式売却税、配当課税、相続税)を、11年以降も延長するかどうかという案だ。減税延長案は共和党の全所得層対象に対し、民主党は低所得者層の対象を主張している。今、政府と議会ではこの減税延長案が激しい議論になってきたが、11月2日の中間選挙を前に、延長の対象を中間層まで、または全部延長の可能性もでてきたように思う。デフレ懸念の払拭、二番底リスク回避には、こうした政策が求められよう。


債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
豪ドル円の短期・中期テクニカルポイント
レジスタンス2.  76.78(21日移動平均線)
レジスタンス1.  76.51(日足一目均衡表・基準線)
前日終値     75.45
サポート1.     74.80(8/27NYタイム安値)
サポート2.     74.56(7/27安値)

フロー情報;仲値の不足150本から減少中との声

9時53分現在、ドル円は84.53円、ユーロドルは1.2638ドル、ユーロ円は108.84円で推移。


債務整理/グリーンチャンネルスプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 予想/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市場オーダー状況=22:02現在
■ドル円 単位1本=百万ドル OP=オプション 87.00円 OP ドルCALL期日26日(400本) 86.50円 売り輸出   86.30円 STOP買い米系短期 85.75−80円 売り本邦輸出 85.55円 OP ドルPUT期日26日(100本) 85.00円 OP ドルPUT期日30日(300本) 84.80円−85.00円 売り 84.68円 22:02現在(高値84.89円−安値84.41円) 84.60円 OP CALL期日30日(100本) 84.50円 OP PUT期日27日(100本) 84.00円 OP PUT期日30日(100本) 83.50円 OPバリア ■ユーロドル 1.2930ドル STOP買い 1.2700−20ドル 売り 1.2700ドル STOP買い・OPドルPUT期日26日(200本) 1.2684ドル 22:02現在(高値1.2747ドル−安値1.2650ドル) 1.2600ドル OP CALL期日27日(100本) 1.2585ドル STOP売り ■ポンドドル 1.5715ドル OP CALL期日26日(440本)   1.5516ドル 22:02現在(高値1.5589ドル−安値1.5457ドル) 1.5505ドル OP PUT期日26日(100本)
南アフリカランド/インド株/日興コーディアル証券/オリックス証券/楽天証券/マネックス証券
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウォールストリートを襲いつつある、リストラ第2波
 ウォールストリートに、リストラ第2波が襲い掛かりつつある。23日付けのウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙によると弱い米景気、金融規制強化、給与規制などが金融機関にリストラを余儀なくさせているという。バークレイズ・キャピタルはバックオフィスの雇用を400件削減し、クレディ・スイスもロンドンの雇用を70件削減させる警告を発した。足もとのリストラ件数こそ小幅であるものの、アナリストの間ではリストラの大なたを振るう不吉な前触れであるとの指摘が聞かれている。アナリストが懸念を示すように証券セールス、トレーディング収益の減少に加え、足もと活発化しつつあるとはいえ合併・買収(M&A)にも希望がもてず、他金融機関は少なくと採用を見送り始めている。  米労働統計局(BLS)によると、米証券業界の雇用は6月末時点で79万9800人だった。2008年に過去最大を記録した87万4500人から減少している。NYを切り取ってみると6月は15万9200人と緩やかな増加を示すものの、それでも2008年8月の19 万700人および2000年に過去最高を達成した20万300人から約20%減となっている。NYの夏が終わりを告げるとともに雇用にも秋風が吹きつつあるようだ。
携帯アフィリエイトヴィンテージアフィリエイト成功法携帯アフィリエイト博多もつ鍋
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |