スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
投資戦略
 夏場から秋にかけては、米国株式市場がファンドの損益通算で大きく下げるという傾向で知られる。 
 
 ところが、近年これも次第に怪しくなってきている。税制が変わらない以上、これ自体は確かに変わりようがないはずだが、現実には過去10年を振り返ってみると、10月前後に大きく下落して底打ちするというパターンは、わずか3回しかない。年前半に底入れをした場合には、その後上昇基調が続くケースが多く、弱気は禁物だろう。ダウ工業株・輸送株指数が夏場から秋にかけて、史上最高値を取るとみており、当然の調整はあるだろうが、軽微で終わる可能性が高い。とくに東京市場については、ファンドの損益通算に向かって、ショートカバーが中心の反発基調が顕著になると想定している。スタンスは積極的な買い、ということになる。 
株式投資情報を検証し評価する

投資情報 検証 評価

http://www.sassydevil.com/
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://a-ge-ru.jugem.jp/trackback/28