スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
LDNFIX=ユーロ買い先行、ECB景気見通し上方修正も意識
 LDNFIXにかけてはユーロ買いが先行。欧州中央銀行(ECB)理事会後に行われたトリシェ総裁の会見においては「最新のデータは予想より強かった」との内容を示しながらも、「景気見通しには下向きリスク」、「景気回復は緩やかなペースが鮮明」とやや方向性に欠ける内容となった。しかしながらECBが発表したユーロ圏見通しにおいて、ドイツがけん引役とし回復傾向が強まっているとし、2010年・2011年ともに前回(6月)から上方修正したことがユーロの下支えとなった部分もあったようで、発表後はユーロ買いが強まった。  ユーロドルはNY勢参入後はいったん戻り売りに押されるかたちとなっていたが、ユーロ圏見通しの上方修正などが発表されると反発。「マクロ系の買いがみられた」(NY外銀筋)こともあって、一時1.2848ドルまで上昇した。ユーロ円も108.31円まで買われ、本日高値を更新した。堅調に推移していたユーロポンドも、0.8347ポンドまでユーロ買い・ポンド売りが進んだ。ただ買いが一巡すると押し戻され、ユーロの上値も限定的だった。  一方、ポンドは軟調。ロンドン勢参入後に発表となった弱い英建設業PMIの結果もあって上値の重い展開に。前出したユーロポンドの動きも重しとなり、ポンドドルは1.5351ドルまで本日安値を更新した。またポンド円も129円後半までの戻りにとどまった。  そのほか、ドル/加ドルは強い米新規失業保険申請件数の結果を受けて、直後はドル売り・加ドル買いで反応し1.0473加ドルまで下落したものの、その後は反転し1.05加ドル半ばまで戻した。前日比マイナス圏で推移する原油先物の動きも加ドルの重しとなったようだ。  ドル円については狭いレンジでの取引が継続。強い米指標の結果もあり、84円半ばまで戻したものの後が続かなかった。  0時現在、ドル円は84.32円、ユーロドルは1.2822ドル、ユーロ円は108.15円で推移。
スプリンターズステークス 2010/スプリンターズ・S 2010/スプリンターズステークス 2010 スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010/スプリンターズステークス 2010
| あかね | オンライントレード | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://a-ge-ru.jugem.jp/trackback/13